甲斐犬源友会規約

1.名称

この会は甲斐犬源友会と称する。

 

2.総本部・本部事務所・支部

  この会の総本部は山梨県北都市武川町柳澤3000 小林廉司宅におく。

     事務局を、川崎市多摩区 山本文夫宅におく。

 

3.目的

  この会は甲斐犬の質的向上と日本犬としての性能、性格及び狩猟欲性の追求と甲斐犬愛護会の展覧会や狩猟を通じての会員相互の親睦と甲斐犬愛護会発展に努め社会福祉、青少年の情操教育に寄与貢献することを目的とする。

 

4.おもな事業

     会員同士の親睦を第一とし、甲斐犬愛護会の展覧会に積極的に参加すること。

     甲斐犬の質的向上を図り、積極的に作出、繁殖に努める。

     甲斐犬源友会以外の甲斐犬との作出は原則として甲斐犬源友会役員の承認を得ること。

     血統書の登録は源友会本部で行う。交配犬の交配写真と親犬の血統書のコピー及び規定の事務手数料(1頭3千円)を事務局に送付すること。これは本部の事務管理費用となるので会員は協力すること。

     仔犬が予想以上に多く生まれたり、各家庭の事情でこれ以上飼うことが出来ない場合、甲斐犬源友会本部で規定金額にて買い上げる。但し仔犬の時点で欠点のないもの。

     この会は展覧会を主とするが狩猟系の甲斐犬繁殖部門を持つ。但し甲斐犬愛護会登録犬に限る。

狩猟犬といえども現時点では他犬種や他の日本犬との交雑は一切認めない。

          (但し、将来的には優秀な狩猟犬作出の研究の余地もありうるものとする。)

 

5.行事

     年4回の程度の展覧会に出頭するため会員相互の親睦を兼ねた野外勉強会を開催する。

     甲斐犬愛護会の新年会、総会には積極的に参加する。

 

6.会員

       原則として甲斐犬愛護会の甲斐犬を飼育している者。

       この会の目的に賛同する者。

       入会者は役員又は代表の承諾を必要とする。


                                     甲斐犬源友会

 

戻る